ED(勃起不全インポ)の原因が怪我や薬の影響などの場合/サプリランド

このエントリーをはてなブックマークに追加
怪我や病気が原因でEDになることもあります。
その中でも比較的多いのが前立腺関係の病気による影響です。
前立腺が肥大化したり癌細胞が増殖することで前立腺付近の血管や神経が圧迫されると血液が海綿体に流れ込みにくくなってしまったり、脳からの勃起の信号が男性器まで上手く伝わらなくなってしまったりすることでEDが起こることがあります。
怪我的な要因では脊髄の損傷や骨盤外傷などが多く見られます。
脊髄には重要な神経がたくさん通っていて、その中には勃起に関係する神経もあります。
そういった神経が怪我によって傷ついてしまうと神経伝達が上手く行かずに勃起が起こらなくなってしまうことがあります。
また、病気や怪我の治療のために薬を日常的に服用しているという人も多いと思いますが、薬の中にもEDの原因になるものがあります。
例えば、うつ病など精神的な疾患を持つ患者さんの場合には抗不安薬を処方されている人もいるでしょう。
こういった薬には精神や筋肉を弛緩させる効果があるため、性的な興奮を感じにくく、また感じたとしても勃起につながらない事がよくあります

サプリランドのED薬品
ジェネリックシアリス系(タダラフィル)▼
>


リンク集

まとめ

Twitterまとめ